読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

amazonでadobeの定期購入が終了・・・だと!?

どうもどうも。buz-creです。

 

今日はアフィリエイト直結の話では無いですが、アフィリエイトでもデザインでもお世話になりまくっているadobeについてです。

 

先週末から少し海外に行っていて、帰国後ひさびさにamazonのメールフォルダを開いて見ると信じられない文字が・・・

 

2017年4月14日をもって定期購入版が終了

f:id:buz-cre:20170414162613p:plain

え、急にどうした?

恐る恐るメールを開くと、以下のような文言が。。

まことに勝手ながら、Amazon.co.jpでは、2017年4月14日をもちまして、Adobe Creative Cloud 定期購入版の取り扱いを終了させていただきます。

現在ご利用中のAdobe Creative Cloud 定期購入版は、次回有効期限日までは引き続きご利用いただけますが、自動更新はされず、有効期限日以降はご利用いただけなくなります。

 

Amazonヘビーユーザーの私、adobeAmazonサブスクリプションプランで契約していましたが、まじですか

 

今後はどうする!?

今後もadobeを使うための方法は2つ。

  1. adobeと直契約で定期購入する
  2. amazonから12ヶ月ライセンスを購入する

結論、1にすると思います。2は更新がめんどくさいから定期購入しているわけで、いまさら12ヶ月にするのは手間の面でハードルが高い。

でも、1にもデメリットが無い訳ではない。Amazonで契約していたのも、Amazonの方がキャンペーン時に申し込めば安いから。天下のadobe様はそんな気の利いたサービスしてくれないのでね。

 

手間を取るか、安くなる方を取るのか。これは大きな悩みですが、まぁ手間を優先してadobeとの契約に落ち着くと思います。

 

 

Amazonでの定期販売終了理由の考察

終了が決まったものは仕方ないので、考察しても意味ないのですが、思ったことがあったので個人的見解をまとめておきます。

1.安い定期購入がAmazonにとって負担

僕と同じ理由で、adobeでなくAmazonで購入していた層も多いでしょう。その分の金額負担がAmazonにとって大きくなったことが原因でしょう。

2.デビットカードで契約できる唯一の方法だったが、問題があった?

僕も仕事でのサイトで記載しましたが、adobeとは定期購入でデビットカードでの契約ができなくなっています。口座引き落としもダメ。クレジットカードオンリーです。

しかし、認知度はめっちゃ低かったですが、抜け道的にAmazonの方では契約ができました。(Amazonにも確認したし、実証もしました。意外にもできたんですよね!)

これも販売終了の原因になっているんじゃないかと睨んでいます。

adobeデビットカードお断りの理由が、恐らく残高不足での引き落としができなかった際のトラブル回避と思われます。デビットカードで契約をする以上、Amazonも同じトラブルが起きる可能性はあるわけです。これが実際に多かったため、終了になったのかな?とも思います。

ただ、他のAmazonサブスクリプション(定期購入)商品は残っているようなので、1と2の理由の両方が原因とは思います。

 

なんにせよ、同じくAmazonで定期購入をしていた人は乗り換え方法が要検討となりました。デビットカードで契約をしていた人は、支払い方法そのものから検討のし直しが必要となりましたね。。

 

いいアイデアがあればまた記載しますが、読んでくれた方からの有益な情報もいただければご紹介しますので、お待ちしています!!